いろいろな銀行があるので、一概には言えないけど、

カードローンの金利は住宅ローンの金利と違って、金額(枠)が大きいほど、金利が低くなっていることが多くない?

Set of black business icons. Items such as graph, delivery, bag, start up, basket, money, dollar, megaphone arrow percent briefcase pig moneybox on white background

 

A銀行の例を見てみると、

カードローン借入金利の例*


 

  • 800万円型の金利 : 年3.5%
  • 400万円型の金利 : 年5.5%
  • 100万円型の金利 : 年11.5%

この例のように金額(型)が増えるにつれて、金利が低くなっている。

基本的に使える金額の枠が大きければ大きいほど、金利が低くなっているのがわかります。

なぜなんだろう? 少ししか借りないんだから、金利を低くしてほしいという意見を聞くことがある。

 

(*)ここで注意してほしいのは

  • かならずしもすべての人にこの金利が適用されるわけではないこと。(適用される最低の金利であることが多い。)
  • 審査によりこの枠の大きさや金利が最終的に決定されること。申込通りになるとは限らないこと。
  • 「800万円型」というのは800万円を最初に全額借りなければならないのではなく、借入れはいくらからでもで可能であること。(最低金額に決まりがあることも 例:1万円以上等)

 

 

金利が低くなる理由は?


 

この借入金利が枠が大きくなると低くなる理由は、金額によって金利が自動的に低くなるように決まっているのではなく

借入をする人の信用力、つまり

  • 安定的な収入がどれだけあるか
  • またその収入は安定しているか
  • いままでに支払いの遅延がないか等

の総合的なあなたの返済能力の判断が反映されて、金利は低くなるのである。

 

たくさんお金を借りることができる人は、信用力の高い人であり、返済能力も高いと審査で判断された人

だから、たくさん借り入れをしたとしても、将来しっかり返済することののできる人である可能性が高いことから、

低い金利で、大きな金額を借りてもらっても銀行が大丈夫だと判断したということなのです。

 

 

 

 

 

社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!