この間、優へのプレゼントとか、友達の結婚式でお金足りないときに借りたローンをどうやって返すのか知らなかったので、

今日は調べてみた。(計画性がないよね僕。でもみんな知っているのかな?)

 

いろいろな種類のローンがあるから、一概にはいえないかもしれないけどカードローン借りたら返済はどれだけかをこの間銀行に行って聞いてきました。

大体、毎月の自動引落しによる返済が普通みたい。

口座にちゃんと残高を残しておかないといけないね。

 

カードローンの基準貸越残高(カードローンのお借入れ額、だいたい返済日の数日前の借入残高だね。)に応じて、

毎月5日とかにきまっていて、休日(銀行がね)の場合はは翌営業日に返済すればいいみたい。

 

毎月5日の3営業日前の貸越残高を基準にご返済額が決まります。

ある銀行の返済例について見てみた。

 

借入額が大きめなカードローンの場合の返済額の例。

基準貸越残高に応じた返済額の例

返済方法
基準貸越残高
毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)
に返済する返済額
1万円以下 基準貸越残高全額
1万円超~50万円以下 1万円
50万円超~100万円以下 2万円
100万円超~200万円以下 3万円
200万円超~300万円以下 4万円
300万円超~400万円以下 5万円
400万円超~500万円以下 6万円
500万円超~600万円以下 7万円
600万円超~700万円以下 8万円
700万円超~800万円以下 9万円

 

これが引落される額になっている。

今回50万円の残高があるとすると、50万円以下のところの金額になるから、1万円は引落になる。

 

それに加えて、ATM、またはインターネットバンキングとかで好きな金額をいつでも返済できるらしい。
かしこい返済を心がけてで、利息分を抑えることが必要だね。

 

3.5%で20,000円を1週間だけ借りたとして、

20,000円×3.5%×7日÷365日=13.4円

小数点は切り捨てになるから、

13円の利息になるんだね。

 

まあこれくらいの利息なら、便利にカードローンは使えるね。

いつでも返せるし、かならず基準貸越残高に応じた返済があるから、返せる自信もついてきた。

 

いろいろなシーンで使っていこうっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!