審査に通りやすい人と通りにくい人

カードローンを利用するためにはまず申込をして銀行や消費者金融などの金融業者から審査を受ける必要があり、それに通過することができれば利用することができます。

そのためこれから借入をするためにカードローンを利用しようと考えている人はどのようにすれば審査に通過しやすくなるのかをしっかりと把握しておくことが大切であると言えます。

そこで審査に通りやすい人と通りにくい人はどのような特徴があるのでしょうか?

pixta_9558901_M

 

 

 

審査に通りやすい人の特徴


カードローンの審査に通りやすい人の特徴にはどのようなものがあるのかというとまず正社員として仕事をしていて、しかも大企業に属していたり、公務員として働いている人です。これらの人は収入も他の人に比べて比較的多いのですが、それ以上に安定性が抜群だからです。またリストラにあって職を失う可能性もほとんどないので、金融業者側にとっては理想の申込者であると言えます。

それから勤続年数が多い人も審査に通りやすいと言えます。

なぜなら勤務先に所属している期間が長いので、今後も継続的に働くことになる可能性が多いので、評価が高くなります。

さらに一見借入をしたことのある人は低評価になると思われがちですが、事情によってはむしろ逆でしっかりと返済をしている場合は逆に高評価となり、審査が通りやすくなります。具体的にはクレジットカードを利用していたり、いろいろなローンを組んで買い物をしている人などがあげられます。

またカードローンをすでに利用したことのある人も評価は高くなります。

審査に通りにくい人の特徴


これに対してカードローンの審査に通りにくい人の特徴としてあげられるのはまず低収入で継続性がない人や無収入の人です。

これらの人は返済してもらえない可能性が高くなるので、どうしても審査に通りにくくなってしまいます。特に継続性がないほうが限度額を低く設定して融資をするのにもリスクが生じるので、より低評価を受けてしまうことになります。

次に勤続年数が短い人は審査に通りにくくなってしまい、特に半年未満の場合はかなり厳しいと言えます。審査に通過するためにはどのくらいの勤続年数が必要になってくるのかですが、最低でも半年以上、できれば1年以上は欲しいところです。

それから今までカードローンを利用したことのない人も審査に通りにくいと言えます。なぜなら金融業者側としては返済してくれるかどうかがわからないので、どうしてもその人のことを懐疑的に見てしまうからです。

そのため最初に利用するときはできるだけ少ない限度額を設定して申込をする必要があります。

さらに借り入れの額が多かったり、延滞をしたことがある人は総量規制や信用面の問題で必然的に低評価となってしまいます。


社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!