普段はいろいろな家事をしている専業主婦でも生活費のためのお金が足りなくなったり、プライベートで何かしたいという場合にカードローンを利用してキャッシングをしたいという思いを持っている人が結構多いです。

しかし専業主婦は仕事をしている社会人とは違って継続的な収入を得ているわけではありません。

そこで専業主婦がカードローンを利用するためにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

 消費者金融は原則利用できません


専業主婦がカードローンを利用する場合において、銀行系か消費者金融の二つの金融業者を選択することになるのですが、原則消費者金融を利用することができません。

なぜなら消費者金融は総量規制の対象となっている金融機関なので、収入のない専業主婦が借入の申込をしても審査に通過することはできないからです。

 

総量規制とは数年前に新しく定められた規制で、その対象となる貸金業者で借入をする場合には原則その人の年収の3分の1までに借入額が制限されるというものです。

しかし専業主婦が消費者金融でカードローンを利用することが一切できないのかというと決してそういうわけではありません。

 

旦那の同意を得ることができれば、夫婦の年収を合算して3分の1までの金額であれば専業主婦でも借入をすることができ、この制度を「配偶者貸付」と言います。

そのためもし旦那がカードローンを利用するのに理解があれば、配偶者貸付の方法を利用してみるのもいいでしょう。

pixta_7945787_S

 

銀行系であれば専業主婦でも利用可能です


銀行系のカードローンであれば、消費者金融とは違い、総量規制の対象とならないため、収入のない専業主婦でも利用することが可能です。

そのため専業主婦は基本的に銀行系のカードローンを利用してキャッシングをしています。

しかし利用する条件としては旦那が継続的な収入を得ていることが必要となります。なぜなら夫婦揃って収入がないと返済してもらえない可能性が高くなってしまうからです。

 

そしてカードローンを利用する際に借入をすることができる限度額を定めることになるのですが、専業主婦の場合は無収入であるということから30万円程度までしか審査は下りません。

銀行系のカードローンは最大800万円から1000万円の限度額を定めることが可能となっていますが、これはあくまで継続的な収入があり、年収もそれなりに高い必要があります。

 

そして現在銀行は消費者金融と業務提携しているところも少なくないので、一定の条件を満たすことができれば、消費者金融と同じように即日融資をしてもらうことができるので、かなり便利になっています。

社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!