カードローンを利用してお金を借りると一定の決められた期日に返済する必要がありますが、その返済の仕方はいくつかあり、その中で一番多く利用されているのがリボルビング払いです。

これはどのような支払い方法なのかというと借入額に関わらず、月々に決められた一定の額を返済していくことで、毎月決められた額だけ支払えばいいので、延滞をするリスクも少なく、また融資を受ける際にもあまり返済のことを考える必要がないなどのメリットがあります。

ただ注意しておきたいのが月々の返済額以上の融資を受けると借金の額が膨らんでしまい、その分返済する期間が長くなってしまうので、より多くの利息を支払わなければならなくなってしまうことです。

しかししっかり注意して借入をすれば、メリットがある返済の仕方であると言えます。

 

リボ払いの種類について


リボルビング払いにもいくつかの種類がありますがまず定額リボルビング払いと定率リボルビング払いがあげられます。

まず前者は毎月の返済額を一定の額にするというように固定する支払い方であるのに対し、後者のほうが残高の何%を月に支払うというものです。

毎月の返済額がわかりやすいのが前者であるのに対し、後者は月の返済額が変動するので、返済額の管理には少し手間がかかりますが、無理のない返済をしやすいという特徴があります。

また定額リボルビング払い、定率リボルビング払いの二つはさらに元利、元金に分けることができます。元利とは月々の決められた返済額の中に元金と利息が含まれるのに対し、元金とは決められた返済額とは別に利息を支払うというものです。

このようにリボ払いにもいくつかの種類にわけることができるので、自分の最も利用しやすい支払い方を選択することが大切であると言えます。

 

 残高スライドのリボ払い


リボルビング払いは上記の他にも残高スライド方式のものがあります。これはどのようなものなのかというと月々の返済する額を借入している残高に合わせて返済額が変わっていくというものです。

具体例をあげると10万円以上の残高の場合は1万円、20万円以上の残高の場合は2万円というような感じで返済する額が決まっていきます。

そして残高スライド方式のリボルビング払いは継続的に借入と返済を繰り返すことになるカードローンを利用するには最適の返済方法であるので、この方法での返済は多くの金融業者のカードローンで採用されています。

ただデメリットとして返済をしても中々元金が減らないので、返済期間が長くなってしまい、多くの利息を支払わなければいけなくなってしまうということがあげられます。

社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!