カードローンの利用の申込をした後、金融業者はいろいろな方法で申込者を審査することになりますが、その中の一つに在籍確認というものがあります。

これはどのようなものなのかというと申込をした人が申込者にいろいろな事項を記載することになりますが、その一つに現在の勤務先を書く事になります。

しかし申込書には本当のことが記載されているかどうかがわからないので、金融機関が審査をする際に本当に在籍をしているかを確認することになります。

 

 

原則は勤務先に電話をする方法で行います


それではカードローンの審査の際にすることになる在籍確認はどのような方法で行うのかというと原則は申込書に記載されている勤務先に電話をすることによって行います。

そして電話をされてしまうと勤務先の人に自分がお金を借りていることがバレてしまわないかという心配をする人も少なくありませんが、電話をする際金融業者であることは名乗らず、あたかも取引先や申込者の知人を装ってすることになるので、バレる心配はありません。金融業者側としては電話をして申込者が本当に在籍しているかどうかを確認できればいいので、ほとんど1回電話するだけで済んでしまいます。

このようなことから在籍確認をされたとしても全くと言っていいほど問題はないので、安心してカードローンを利用しましょう。

bank building in city space with road on flat style background concept. Vector illustration design

bank building in city space with road on flat style background concept. Vector illustration design

在籍確認の代替方法もあります


上述のとおり、金融業者から勤務先に在籍確認の電話がかかってきても、まわりの人に自分が借金をしていることはバレないで済むのですが、それでも万が一のことを考えてしまうこともあります。

そして金融業者の在籍確認は電話以外の代替方法ですることも可能となっているので、もし勤務先に電話をしてほしくないと考えているのであれば、代替方法を利用するのがいいでしょう。

そこで電話での在籍確認の代替方法としてどのような方法があるのかというと申込の際に一緒に在籍確認をしてしまうという方法です。現在においてはインターネット上で申込の手続きをすることができる金融業者がほとんどとなっていて、中には申込から手続き完了まですべてインターネット上で完結させることが可能となっています。

そのため申込から手続き完了までの間にその人が勤務先の会社に所属していることを証明する社員証、保険証、給与明細書などを提出することによって在籍確認をすることができます。

この方法ですればスピーティーに手続きをすることができるので、より早くカードローンを利用できるようになり、お金を借りることが可能となります。

最近ではインターネットで申込をする人も多くなっているので、在籍確認もこちらの方法でしてもらう人が増えています。


社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!