カードローンの利用の申込をして審査を通過しやすくするためには継続的な収入を得ていることが結構重要になってきます。

もちろん得ている収入の額が多い方がより好ましくはありますが、それよりも継続性や安定性のほうをより重視するので、あまり収入の額が多くないサラリーマンでもほぼ確実に審査に通過することが可能です。

しかし自営業で仕事をしている人はサラリーマンとは違い、月によって収入の額が変動することになるので、継続性や安定性という点で不安があります。

そこで自営業をしている人でもサラリーマンと同じようにカードローンを利用することができるのでしょうか?

 pixta_9558901_M

継続性や安定性で問題がなければ借入可能です


 自営業をしている人でもサラリーマンと同じように仕事をして収入を得ていることにはかわりはないので、収入に継続性や安定性で問題がなければ借入可能です。

ただ審査をするにおいてはサラリーマンに比べてどうしても厳格になってしまいます。なぜなら毎月一定の額の収入を確実に得られるというわけではないので、金融機関側の返済してもらえないリスクはどうしても高くなってしまうからです。

そのため借入の申込をするにおいて、収入証明書の提出を求められるケースもあります。

また銀行系のカードローンよりも消費者金融のほうが自営業者には適していると言えます。なぜなら銀行系は基本的に審査が厳格なので、落とされてしまう可能性もありますが、消費者金融の場合はそれほど審査が厳しくないのに加えて、仕事をして収入を得ている人であればある程度優遇してもらえることがあります。

そのため自営業を始めてから数年しか経過していないため、収入が不安定な人でもカードローンの審査に通過できるケースも少なくありません。

 

 

事業用のカードローンを利用するという手もあります


自営業をしている人はもちろん個人を対象としたカードローンのサービスを利用することも可能なのですが、事業用のカードローンを利用するという手もあります。

そして事業用のカードローンを利用して融資を受けたお金は自分の事業のために利用することができるのでより効果的にお金を使いまわしていくことができます。

また事業用のカードローンは個人向けのカードローンとは違い、総量規制の対象にはなっていないので、自分の年収の3分の1を超える額の融資も場合によっては受けることが可能です。

それから一般の事業向けのローンを利用する場合は申し込みの際に事業計画や返済計画を示した書類を提出することが求められてくるのですが、事業用のカードローンはそのようなことはないので、手軽に融資を受けることができるのもメリットです。

社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!