カードローンで借り入れる際に気になる金利って、一体どのくらいになるのでしょうか?
貸金業者の金利に関する法律は2つあり、利息制限法出資法というものがあります。

利息制限法では、上限金利は貸付額に応じて15%~20%に制限されています。
一方、出資法では、従来上限金利は29.2%でした。
この差がいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるもので、ニュースなどで頻繁に報道され、
社会問題化していたこともあり、聞いたことがあるという方も多いかと思います。
そのため出資法が改正され平成22年6月18日以降、出資法の上限金利が20%に引き下げられました。
これにより現在は、グレーゾーン金利は撤廃され、上限金利は利息制限法の水準(貸付額に応じ15%~20%)となっています。
社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!