納税通知書」(通常は6月ごろ)は通常自宅に、

税額通知書」(通常は5月ごろ)は勤め先の会社宛に

税額が決定した際に郵送されてきています。(非課税の場合は納税通知書の発送はしていません。)

この通知は再発行ができないことが多いようです。

(詳しくはお住まいのエリアの市区役所でお尋ねください。)
何かの手続きで所得や控除の内容が必要になる場合は「課税(非課税)証明書」で代用可能です。

 

【横浜市の納税通知書の例】

YOKOHAMA


社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!