スカイダイビングは航空機で高度3000メートルまで上昇して、期待から飛び出して、事前に設定した高度まで降下し、パラシュートを開いて着地するスポーツ。

  • 14,000フィート(4,267メートル)(フリーフォール約1分)
  • 10,000フィート(3,048メートル)(フリーフォール約30秒)

と飛行時間は短く一瞬のスリルを楽しみます。

 

競技も多く存在し、着陸地点の精度を争うアキュレシーランディングや空中でのアクションの内容を競うフリースタイル。

4人のチームで競うフォーメーション競技VRWはどこかで見たことがある人も多いはず。

 

やってみたいなと思う人はいても、そんなことまではとても怖くて・・・・

でもそのエッセンスだけでも知りたいという人に朗報です。 室内でこのスカイダイビングが楽しめる「FlyStationJapan」が埼玉越谷に登場します。

 

 

勇気と時間のある人は早速この夏にハワイやグアムでチャレンジ!

大抵現地のオプショナルツアーになっていることが多く、その料金も200ドル~300ドルとリーズナブル。

グアム スカイダイビング 一度飛べば世界が変わる! 送迎付きツアー」(ベルトラ株式会社)

スカイダイブハワイ公式サイト」(スカイダイブハワイ™)

保険付きでも200~300ドルとお得な初心者ツアーがある。ライセンスの取得も可能だ。

 

今日紹介するのは、室内のスカイダイビング体験場である「FlyStationJapanウィンドウトンネルである。

その名の通り空気の通り道を人工的に作り、高速な気流によって人間を浮遊することができる仕組みだ。

WindowTunnel

 

「フライステーションジャパンホームページより」

 

image018

「フライステーションジャパンホームページより」

 

 

だれが飛べるのか?


 

  • 年齢制限:こどもは4歳以上
  • 大人の体重制限:150キロ以下
  • 筋骨格系の負傷(捻挫、骨折など)を患っていたり、妊娠中のフライトも推奨されていません。

事前のフライトのトレーニングは直前の30〜40分ほどで簡単です。ウェアやゴーグルなども無料で貸出してくれるようです。

image012

 

「フライステーションジャパンホームページより」

 

複数で飛べるのか?


 

初心者はウィンドトンネル内でインストラクターと1対1です。

家族や友達と一緒に行っても、フライト前の待機ゾーンには一緒に入場しますが、ウィンドトンネルにはひとりずつ入って飛びます。

 

 

安全?


 

実際のスカイダイビングとは異なり、ウィンドトンネル内フライトはパラシュート使用に伴う危険が無い為、安全性が高いと思われます。

空気を送るエンジンが急停止しても、空気の流れが徐々に小さくなる構造なので、飛行者はトランポリンメッシュ網に安全に降下します。

 

 

費用は?(推定、まだ決定されていないようです。)


 

FlyStationJapan」は以下のように考えているようです。(アンケートを実施中)

「日本国内で体験スカイダイビングを1回するにはおよそ3万~4万円ほどかかります。

つまり、 4000メートルの高さから 2 回の体験スカイダイビングをするにはおよそ 6 万~ 8万円かかってしまうことになります。

そこで、 2 分間のウィンドトンネル内フライトにかかる費用およそ 14000 円)を妥当と考えますか?」

 

割安で安全な室内ダイビング体験FlyStationJapan

実際にフリーフォールを体験でき、大空から飛び降りる本番前の準備としては割安だが、2分のウィンドトンネル飛行14,000円を安いと思えるかどうかはかなり個人差がありそうだ。

 

 

 

 

 

 

 


社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!