少子化

1人の女性が産む子どもの数の指標となる去年の出生率は1.42で、前の年を0.01ポイント下回ったことが厚生労働省の調査で分かりました。出生率が前の年を下回ったのは平成17年以来です。

去年生まれた子どもの数は100万3532人と、これまでで最も少なくなり、少子化と人口減少が加速している実態が明らかになりました。

厚生労働省によりますと、1人の女性が一生のうちに産む子どもの数の指標となる「合計特殊出生率」は去年は、1.42で、前の年よりも0.01ポイント下がりました。

data2

社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!