独立行政法人日本学生支援機構の奨学金が一番有名。奨学事業に関しては利用者の最も多い奨学金制度の一つ。

奨学金には第一種(無利子)、第二種(有利子)などの区分が設けられており、第一種の方が採用基準が厳しく(学力等)、第二種は条件(保護者の年収等)を満たせばほぼ全員が採用される。

第一種奨学金(無利息)

  • 対象: 大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)に在学する学生・生徒
  • 利息:無利息
  • 選考: 特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な者に貸与します。
  • 貸与月額 : 学種別・設置者・入学年度・通学形態別に定められています。

所得連動返還型無利子奨学金制度(平成24年度創設)別途定める経済的要件に合致する者を対象とします。

  • 貸与月額: 第一種奨学金と同じです。

 

第二種奨学金(利息付)

  • 対象: 大学院・大学・短期大学・高等専門学校(4・5年生)・専修学校(専門課程)の学生・生徒
  • 利息年利3%を上限とする利息付(在学中は無利息)
    第二種奨学金の利率は経済・金融情勢により変動しますが、法令により年3%を上限とすることが定められています。また、在学中は無利息です。※参考 : 平成26年1月末の利率は、利率固定方式(貸与終了時の利率を返還完了まで適用する)で年0.89%、
    利率見直し方式(返還中おおむね5年ごとに利率を見直す)で年0.30%となっています。
  • 選考: 第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者に貸与します。
  • 貸与月額 : 本人が5種類の貸与月額から自由に選択でき、さらに在学採用の場合は申込年度の4月まで遡って貸与を受けることができます。

(出典:日本学生支援機構ホームページ・パンフレットより)

社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!