複数のローン借入を一つにまとめるメリット
  • 毎月の返済負担の軽減
    既存借入に対し、返済方法・期間の変更や借入金利の低下などをはかり、毎月の返済額の圧縮が可能となる
  • 返済管理を容易にする
    複数の借入先の返済日にばらつきがあるケースでは、一つに取りまとめることによって返済日が統一され管理が容易になる
  • 返済総額を抑える
    既存借入より低い金利が達成できれば、返済総額を少なくすることが可能となる場合が多い
借入金利と期間が異なることによる、毎月返済額や返済総額の違い
借入金額 5,000,000 5,000,000 5,000,000 5,000,000
借入金利 6.5% 6.5% 14.0% 14.0%
借入期間 5年間 7年間 5年間 7年間
返済方法 元利均等返済
毎月の返済額 95,968 72,325 116,341 93,700
利息支払額合計 758,049 1,075,334 1,980,445 2,870,739
元本返済額合計 5,000,000 5,000,000 5,000,000 5,000,000
返済総額 5,758,049 6,075,334 6,980,445 7,870,739
  • 借入金利が低くなることで、毎月の返済額を大幅に低下させることが可能
  • 借入期間を延ばすと毎月の返済額は少なくなるものの、返済総額は膨らむ。 従って、毎月返済額と返済総額のバランスをとりながら、借入期間を決めることも重要

freeloan

社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!