優の両親の危機的な状態は何で始まったのか?優は勇や周りの人にもなかなか相談できないでいた。

実は優の父親、達夫は医者でありながら、実は多額の借金を抱えていた。酒や女、ギャンブルに使い込み、500万円借り入れができてしまったのだ。それを偶然良子が知ってしまったことから始まっている。

母親の良子は達夫がスマホで見ていたであろうクレジットカードの明細を見て驚いた。なんと数十万円の飲み代やキャッシングの記録が残っていた。以前はあまりお酒を普段は飲まないタイプであったのに。

 

良子は心配になって、書斎の机の引き出しを探っていたら、隠していた消費者ローンの明細書が束になっているのを見てしまった。そっと開けてみると、さらにびっくり。5社から合計で500万円・・・しかもいろいろな金融機関や消費者ローンの会社から借り入れている。

母親はいつも父から生活費や私の教育費を振込みでもらっていた。したがってそのような借り入れがあることも、家計がどうなっているかも詳細はわからなかった。いつも決まって30万円を月に支給され、それでやりくりすることが習慣となっていた。家計簿を一所懸命つけてへそくりもしてきた良子としてはかなり裏切られた感がある。

浪費も離婚の立派な原因となる(離婚の原因ランキング

母親の良子は20年以上献身的に父を支えて生きてきた。2人は同じ病院で働いていたこともあり、新人の医者であった達夫をサポートしてあげたことから2人の付き合いは始まっている。

昔は死ぬまで2人で生きていくと思っていたが、近頃の熟年離婚・スマホ離婚(スマホの覗き見が原因で離婚する)についての特集バラエティー番組を見て知ったのだが、決して浮気などを我慢することなく、自分の道を切り開くことも可能な世の中であることを知ってしまったようである。

 

父親は娘の優を愛し、なんでもわがままを聞いてくれた。母親よりもいつも優しく、頼もしい父親であった。しかし最近の行動はやはり母親に同情したくなるものであった。優は直接このことを父親にぶつけることにした。母親が真剣に離婚を申し込む前に。

ある日の夕方。優は庭先でゴルフのクラブを振っていた父に向かい話しかけた。

赤池優

お父さん、お金に困っているの?なんか私たちに隠してない?

達夫
何だって?

達夫は不思議そうな顔をして、聞きなおした。

まさに達夫はそのことで悩んでいたので、いくぶんドッキリしていた。

赤池優

私見ちゃったの。ローンの明細。一度お父さんの机の上にあったのをちらっと。

達夫
そっか。見たなら仕方ない。そうなんだ。借金が少し大きくなりすぎてこまっている。何社からも結構な額を借りてしまい、大変なことになった。

赤池優
なんでそんなに借金を作ってしまったの?

達夫
それは・・・・言いたくないな。

赤池優
賭け事とか、女とか、酒とか・・・全部だよね。

達夫
そうだ。父さん少し自暴自棄になっていたんだ。

赤池優
なんで?仕事でなんかあったの?

達夫
いや、

達夫は縁側に腰を下ろして木を見上げた。

達夫

優にはちゃんと話さないといけないな。実は父さんはまだ原因不明なんだが手に震えが来ていて、手術ができなくなってきたんだ。それで病院を辞めないといけないかもしれないと思って。。それでつい不安解消のために酒や賭け事に手を出してしまった。

赤池優
えっ?なんでそんなの黙っていたの?まずは早くその手を治さないと。手術できなくても、他科に移るとかはできないの?長年働いてきた病院なのに。。

達夫
そんなに簡単な話ではないんだ。お父さんにもプライドがある。俺は外科医として・・・

赤池優
その前にまずは借金をなんとかしないと

達夫
自己破産とかもしたくないし、病院に知られたら大変なことになる。相談する相手も、専門家もいない。

優ははっとして、達夫を見て、
赤池優

お父さん、私いい人知っている。あの喫茶店のオーナー!緑山さん!こんど一緒に行って相談してみない?

達夫
緑山さんはそんな相談にのってくれるのか?何者だ?

赤池優
とにかくお金のことには詳しいの。ローンの明細とか持っていってみようよ。ところでお父さん、だれか女の人がいるの?

達夫
優、お父さんは賭け事はしたし、女性のいるクラブに言ったりはするけど、女はいないよ。

優は本当かどうかを見極めようと、顔を覗き込んだが、その表情は真実を語っていると自信を持てるものではなかった。

そういえばこの間見たドラマで、微表情分析で

急に怒り出す人物

瞬きの多さ

は嘘をついている特徴らしい。

 

人間は感情を司る右脳の働きで顔の左側に感情が出やすく、強く表れる傾向があるそう。これを意識して相手の顔の左側よく観察すれば、その人物の感情を読み解く大きな手がかりとなるみたい。

でも今回はあまりわからなかった。医者はそんなこと知っていて制御できるのだろうか?

優と達夫は車でいつもの喫茶店に来ていた。

pixta_5819652_S

赤池優

マスター、実は相談があるの。

と真剣な表情で話しかけた。

緑山

おや、真剣な表情でなんの御用かな?

赤池優
実はお父さんのことなんだけど。。結構ヤバい内容だから奥のテーブルで話せる?

緑山
幸い、ランチタイムが終わって、暇だからいいよ。しばらく準備中にしてあげよう。。

達夫
すいません。お久しぶりです緑山さん。今日は実は私の不徳の致すところなのですが、借入を数社からして、相当な額になってしまいました。返済も月に4回ほどしなくてはならず、とうとう娘にばれてしまいました。

緑山
いくらくらいあるんですか?優ちゃんのお父さんはお医者さんだったですよね。

達夫
はい。500万くらいです。馬鹿なことをしてしまいました。

緑山
よくあることです。何に使ったかなんて聞きませんよ。でも優ちゃんや家族に迷惑かけるといやじゃないですか?しっかりしないと。患者さんからも信頼を失いかねない。

達夫
その通りです。

緑山
過去に返済が遅延したり、返済不能なんてことはありましたか?

達夫
いえありません。すべて払ってきました。年収は1000万円くらいです。

緑山
住宅ローンは?

達夫
ありません。他界した両親の実家に住んでいます。

緑山はiPhone(6.0だ。いつも最新を購入している。)を取り出し、iPhoneアプリの「ずばリボ」で計算した。

 

緑山

利率が14.5%でみても、5年で元利均等返済だと、117,641円ですね。銀行によっては500万円でまとめてくれるところがあるはずです。金利ももう少し低くしてくれるかもしれません。支払いも月末にまとめます。この金額は返済可能ですか?

達夫
はい。それならなんとかやっていけそうです。では緑山さんのおすすめの銀行に行って実際の支払い計画等を相談して見てもらってきます。

緑山
銀行では生年月日、勤務先、勤続年数、年収、持家/借家、家族構成等を聞かれると思います。

赤池優
よかったね。ちゃんとまとめてくれたら、精神衛生上もいいよね。結構悩んで無口な違う人みたいになっていたから。この1年くらい。だから母さんもすこし悩んでいたのかも。。

達夫
かあさんは知らないのか?

赤池優
浮気で使い込んでると思っている。離婚まで考えていたみたい。女の人がいると思っているよ。お父さんが今度は家庭をまとめてもらわないと。

達夫
そうなのか・・・。それはすまないことをしてしまった。

緑山
はやく銀行に行って、楽になってください。まずは重荷をおろせるように。

達夫
ありがとうございます。

赤池優
マスター、本当にありがとう。感謝、感謝です。

緑山は優しい笑顔で2人を見送りながら、お医者さんはお金持ちで借金なんてと思っていたが、こういうこともあるんだと、認識を新たにした。また同時に赤池 良子の気持ちは事実を話しても晴れないかもしれないと思った。

 

マネストサスペンス劇場〜落ちた天才外科医

 

4-1

 

4-2

 

4-3

 

4-4

 

4-5

 

←前へ 次へ→

社会・経済のランキング参加中!応援宜しくお願いします!